Jフォレストの街区計画

Jフォレストのまちづくり方針

住まう人々を第一に考えたまちづくりが私たちの想いです。

緑のデザイン

公園、緑地、緑道をつなぐ「緑の骨格」

緑豊かなまちなみとするために、街区内の『公園』や『緑地』『緑道』を繋ぐ緑のネットワークを形成、交差点や敷地内の緑化を積極的に推進します。

3つのエリアイメージ

●樹種の選定により、道路空間のエリア別イメージをつくります。
●住戸の屋根、外壁にゆるやかな統一感を持たせ美しい家並みをつくります。
●全体的な色調や素材感に配慮することでナチュラルなイメージをつくります。

コミュニティのデザイン

2つの公園を中心にコミュニティを形成

人々の交流空間で『公園』、『緑地』、『緑道』と街区内の道路や、プライベート空間である敷地内の前庭、駐車スペースを地域コミュニティを育む場として創出します。

外構デザイン

まちなみに配慮し、緩やかな統一感をもたせた外構計画

●緩やかに統一された外構計画で、緑豊かな周辺環境と共生し、四季を感じ、表情豊かな美しいまちなみを
 形成することで快適な住環境を創出します。
●将来にわたり居住空間としての良質な住環境を維持・保全することを目標とし、
 年月を経る程に、洗練されたまちなみを目指します。
●プライバシーを守りつつ、安全で明るく、防犯や景観にも配慮した、まちづくりを目指します。

自然と共生し、住まいの方とコミュニティを形成する、やさしい外構

高低差の大きい無機質なRCの擁壁や土留は、まちなみに圧迫感を与えるため、隣地境界は生垣や自然石などを用いて、やさしい景観を作ります。

●やさしい景観を演出する土留材

●駐車場と階段を含む床材のこだわり

●出庫後の駐車場内は大切なコミュニティの場であり、ライフスタイルの変化に伴う多様なスペースととらえ、
  全体をデザインします。
●仕上がり(仕様)は、コンクリート刷毛引き、コンクリート洗出し、山砂洗出し等とエコ資材、自然石平板、
  レンガ、木製品、景石等でデザインします。
●空地は地被類(タマリュウ、芝等)で緑のスペースを確保し、明るく美しい景観を演出します。

 

※掲載の概念図、イラストパース等は、設計図を基に作成したもので実際のものと異なります。掲載の写真についても参考写真です。

来場予約・お問い合わせはJR九州住宅へ(フリーコール 0120-936-455 月曜〜日曜 午前8:00〜午後6:00)